痔をきっかけにビフィーナを摂取するようになった知り合い

痔をきっかけにビフィーナを摂取するようになった知り合い

以前に私の知り合いの1人は、痔を患ってしまった事があります。それには2つの原因があって、普段の生活スタイルといきみだったのですね。そして最近病院でそれを治したのですが、再発を防止するためにビフィーナという商品を利用しているようです。ちなみにビフィーナは、乳酸菌を用いている商品です。

 

気張りがきっかけで痔になり大腸検査を受ける事になってしまった知り合い

 

そもそもなぜ私の知り合いが痔になってしまったかと申しますと、ある日の気張りだったのですね。ある時に私の知り合いは、ちょっと便秘になってしまいました。頑張って出そうとするのですが、なかなか出てこない状況だったのです。
それである日、久しぶりに便通が来たのです。そしてもう少しで出てくるところで、かなり気張ってしまったようですね。それでお腹周りの色々な所に対して、負荷がかかってしまいました。

 

それがきっかけで、知り合いは痔になってしまったのです。いわゆるイボ痔ですね。
それで知り合いは病院に行く事になったのですが、残念ながらちょっと出血をしていました。それで病院の判断で、大腸検査を受ける事になったのですね。

 

その負担はかなりのものだったようです。前日までに食事を色々制限しなければなりませんでしたし、検査の当日には大量の下剤を服用しなければならなかったのです。しかも知り合いの病院の場合は、ちょっと痛みを伴う所だったのですね。カメラが直腸を通過するあたりで、かなりの激痛を伴っていたようです。
結局お腹の中には大きな問題はなかったものの、痔を保存療法で治したようです。まさか大腸検査を受けると思わなかったので、もう痔になるのはこりごりだと思いました。

 

ビフィーナで便通を改善させ痔を予防している知り合い

 

それを教訓に、知り合いはビフィーナという商品を利用するようになりました。そもそも便秘になってしまった事で痔になったので、やはりお腹の中の環境を改善させるのが良いと思ったのですね。今後痔が再発する可能性もゼロではないので、それを防止するためにビフィーナを服用するようになりました。

 

その商品を服用し始めてからすでに2ヶ月ほど経過しているのですが、便通はすこぶる好調のようです。無闇に気張る必要もありませんし、毎日のようにお通じが来ている状況なのですね。
この調子で服用を続けていけば、痔になる確率も大きく減ると考えられるでしょう。それで知り合いとしては、ビフィーナはとても頼もしい商品だと感じているようです。
それにしても便秘というのは、思わぬ箇所に対する悪影響があるものですね。痔を予防しようと思うのであれば、やはりビフィーナを服用するのが良いと思います。